タグクラウド
最近の記事
(10/25)a
(06/13)■ アフィリエイトで月に1000万!?
(05/10)おはようございます。アクセスアップ開始です。
(05/09)おはようございます。アクセスアップ開始です。
(05/08)おはようございます。アクセスアップ開始です。
(05/07)2007.05.07おはようございます。アクセスアップ開始です。
(05/06)5月6日 おはようございます。アクセスアップ開始です。
(05/03)アクセスアップに役立つ無料ツールの紹介。
(05/03)【図解】Firefox をカッコよく♪ブラウザデザイン(テーマ)を自在に変更♪楽しく稼ぐべし!(おまけ付)
(05/03)【重要なお知らせ】無料レポートバンク.comについて
(05/01)本日午前2:00より無料レポートバンク.COMを開設しました。
(05/01)ブログにアクセスを集中する
(04/28)【アフィリエイトGW(ゴールデンウィーク)特集】あなたの一番見て欲しい記事は何?
(04/27)『片手間で、勝手にドンドンアクセスアップできちゃう方法♪』
(04/27)【アクセスアップレポート】ぶろっぐぴんぴんで今以上アクセスアップが出来る方法
(04/27)『アクセスアップレポート』【秘伝むらおさ流】アクセスアップの秘伝 其の壱 たった1回の作業で、アクセス0のページに1ヶ月で20,000アクセスを無料で集めた方法。
(04/27)【アクセスアップレポート】簡単!!誰でもできる無料でできるアクセスアップ!1日最低700アクセス以上!!
(04/27)立ち上げ5日
(04/25)濃いアクセス【お褒めの言葉を頂く事ができました。】
(04/25)アクセスアップ勉強会
カテゴリ
20個以上のSEO対策ツールが1,980円で使い放題!
20個以上のSEO対策ツールが1,980円で使い放題!

2007年05月01日

ブログにアクセスを集中する

『ブログにアクセスを集中するにあたって、必要なコンテンツとは何か?』

という部分に迫りたいと思います。

ブログにアクセスを集めるためには、ある程度の分かりやすさが必要です。

ブログを閲覧する人に分かりやすいようにするという事です。

私のブログで例えると、カテゴリを画面左上に設定しています。

なぜかというと、特定の属性から更に奥深く入りたいユーザーのために、分かりやすく閲覧してもらうために、カテゴリを上部に設置します。

ここで、私が提供している内容の中から興味を示すものを選択していただくようにしています。

そして、私は最新記事をいち早くご覧いただけるように、最新記事一覧表をブログ中間に設定しています。

そして、なるべく最新記事一覧ですぐに見たいものを表示できるように、最新記事のコンテンツ内での表示件数を最大限の20件に設定しています。

このように工夫する事により、見たい記事をなるべくユーザーが見れるようにする仕組みを作っています。

ユーザーが見たいものを見るという事は、自然に私のブログへの滞在が、長くなります。

そして、将来的にお気に入りのユーザーさんとなるのです。

ですから、このような気配りは絶対的に必要だと考えています。

そしてもう1点は、タグです。

私は、ブログで記事を公開する際に、必ずタグをくっつけています。

タグを付ける事により、Seesaaブログ全体での検索が可能となり、閲覧される確率をアップする事ができます。

つまり、属性のユーザーがタグで検索し、私のブログにたどり着き、気に入ってくれれば、私のブログ閲覧者となってくれるのです。

この仕組みを利用する事によりアクセスは急速に加速していく事が可能です。

あとは、基本的なコメント一覧・トラックバック一覧・過去ログの一覧を必ずつけておく必要があると考えます。

まずは【ブログへアクセス⇒カテゴリor最新記事で検索⇒お目当ての記事を閲覧する】というラインを作ってあげる事が必要です。

ランキングオンライン

posted by アクセスアップ史上最強の方法 at 00:57| Comment(1) | TrackBack(0) | アクセスアップ史上最強の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、とても勉強になる内容ですね!

また訪問させていただきます。

今後とも宜しくお願いしますm(__)m
Posted by at 2007年05月04日 02:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
規約に同意して登録 解除  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。